遺品整理の業界に新規参入、勝ち組になれる可能性は?

遺品整理コミュニティ

遺品整理の業界に新規参入して勝ち組になるには?成功のポイントは総合力です。専業で留まることなく様々な方向にアンテナを張りましょう。

遺品整理のmain画像

遺品整理の業界に新規参入、勝ち組になれる可能性は?

遺品整理の業界に新規参入して、勝ち組となるには何が必要になるでしょう。

そのキーワードは総合力だと考えられます。

業界の動向を含めお話ししましょう。

●専業状態からワンストップビジネスへ。

遺品整理事業の業界は過当競争の時代に突入しています。

これから新規参入してこの世界で成功するには容易なことではないでしょう。

今後は単なる遺品整理というだけではなく、“ワンストップで何でも請け負う業者”が、勝ち組となっていくのではないでしょうか。

もともと遺品整理事業は、特殊清掃の事業とも隣あわせの状態にありました。

そのため、孤独死の現場を片付ける特殊清掃と遺品整理をワンストップで請け負う業者も多数存在します。

●総合力をどこまで実現できるかがポイント。

今後は、人間の死というものを断片的に見るのではなく、1本の線につなげてみる企業戦略が勝敗を分けます。

たとえば「特殊清掃+遺品整理+引越し+葬儀の手配+墓の手配」といった感じです。

当然、古物・美術品、リサイクル品の引き取りなども含まれます。

すべてを自社で行なうというよりも、周辺の葬儀場やお寺と提携していくことからはじめれば、それほどむずかしいことではありません。

●今後の遺品整理事業には、遺品整理だけでは留まらない、総合力で他社を圧倒するようなスペシャリストの集団が求められます。

遺品整理事業の今後は、言ってしまえば“人の死の後につづく始末、あるいはその前段階から”を見据えた展開が必要になってきます。

終活に関するところから関与する事業も考えられます。

個々の事柄に精通したスペシャリスト集団であることが成功のカギとなるでしょう。

◆「終活」という言葉もよく耳にするようになりましたね。

記事PicUp⇒「終活」に意欲、8割超す デジタル遺品の悩みも|マネー研究所|NIKKEI STYLE

Google
www を検索 遺品整理コミュニティを検索
(C) www.infodeportemurcia.com. All Rights Reserved.